たいらんのふわふわ投資信託ブログ

"ぜんぜんわからない 僕は雰囲気で 資産運用をやっている"

30年後に資産3000万円を形成するための毎月積立額は?

 老後にどのくらいお金があると生きていけるか。色々と本を読むと、3000万円というのが大体の目安だそうである。

 30歳から資産運用を始めて60歳の時点で資産が3000万円に到達するにはどうしていけばいいか。毎月お給料からコツコツとお金を捻出するしかない。積立貯金である。それでは毎月いくら積み立てていけば目標を達成出来るか。ここでは定期預金のみで頑張る場合と、資産運用でお金を増やす場合の2パターンを比較する。

 

計算には以下のサイトを利用した。

積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

 

1.定期預金で頑張る場合

 投資したことのない一般人は基本的にこれである。金利は0.02%とした。

f:id:Yuri-Processing-Club:20190210202617p:plain

毎月積立額:83,084円

 

 30年で3000万円なので、1年間で100万円ずつ貯金すればいいということである。毎月コンスタントに8万円を貯めるのはキツいかもだが、ボーナスを組み合わせれば割といけなくも無い・・・?

 

2.資産運用をする場合

 現金を株や債券に投資して、お金を増やしていく作戦である。定期預金と違って元本保証は無く、元本よりむしろお金が減る可能性もある。しかし10年20年といった長期スパンで見るとお金が増えている可能性は高く、期待できるリターンは年平均+3~6%である。シミュレーションでは年利4.5%とした。

f:id:Yuri-Processing-Club:20190210204040p:plain

毎月積立額:39,506円

 

 年4.5%で資産を運用した場合、積立額は毎月4万円で済むことが分かった。3000万円のうち運用で増えたお金は1677万円であり、元本が倍以上に増えたことになる。

 


 以上のシミュレーション結果から、資産運用をしたほうが楽に資産を形成できると言える。資産運用の方法についてはまた別の記事で解説する予定だが、投資信託(インデックスファンド)を利用するのが良いと思われる。

 なお、現在私の積立投資額は毎月1万円であり、この投資額ではかなり寂しい老後が予想される。早く投資額を増やさねば・・・。