たいらんのふわふわ投資信託ブログ

"ぜんぜんわからない 俺は雰囲気で 資産運用をやっている"

GE太郎氏とB太郎氏のプロレスについての感想

このブログは投資歴数ヶ月の無知が運営しているので、情報価値は無です。ご了承ください。

 

investorkok.blogspot.jp

blog.livedoor.jp

 

たいらん太郎です。 

 

さて、今回GE太郎という方がB太郎氏のブログをこき下ろし、それにB太郎氏が反論していたので、両記事を読んだ感想を述べたいと思う。

 

 

 

 

B太郎氏の暴言について 

GEとともに生きる: 巨象を倒しに行くぞ

>秘密のワードとは何か。
>クソダサい、バカ、マヌケ、末路、絶望、格差、残酷、貧乏人…その他もろもろの、恐怖や不安をあおる言葉の数々である。
>繰り返し繰り返し秘密のワードを浴びせられると、読者の視野は狭まり、思考力を奪われる。

 B太郎氏の口の悪さはどうやっても擁護のしようも無い。

 

【クソダサいパクリ系投資ブロガーに捧げる】ブログの世界で成功するたったひとつの方法 : バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)

>バフェット太郎に注目する人など誰もいませんでした。そこで、当時一番賑やかだった「2ちゃんねる」の米国株スレの住人達をひたすらブログのエントリーで煽り続けることで、彼らが釣られのを待つという作戦を立てました。

 ブログを立ち上げた当初は2ちゃんねらーを煽りまくっていたそうで、現在は煽る相手が2ちゃんねらーからブロガーなどに変わっただけで、一貫した炎上芸であると認められる。
モラル面では終わっていると思うが、炎上芸である以上そこに突っ込んだところでB太郎氏の広告収入に寄与するだけであるので、だとすればアフィ剥がしなどの攻撃に切り替える方がいいんじゃないの?とは思う。

しかしながら攻撃の大義名分が立つだけの悪質性、例えばデマをばら撒いたり対立を煽ったりしてPVを集める「まとめブログ(jinややらおんなど)」のような構造がB太郎氏のブログにあるかと言われると個人的には無いと考える。
口が悪いだけで、情報の質が悪いとは思えない。

 

GEとともに生きる: 巨象を倒しに行くぞ

>その入り口では、バロンズ拾い読みやMarket Hackなどから集められた情報がコンパクトにまとめられ、読者に提供されている。
>それ自体は非常に価値のあるものだ。

また、情報の価値についてはGE太郎氏も認めている部分である。

 

 

GEとともに生きる: 巨象を倒しに行くぞ

>だが知っているはずだ、後出しジャンケンで他人の投資を罵倒することがいかに卑劣な行為かを。

ここは炎上芸で説明可。

 

 

 

"クソ株"について

GEとともに生きる: 巨象を倒しに行くぞ

>バフェット太郎、お前は自分のポートフォリオをよく見たことがあるのか?
>それはクソにまみれてはいないか?

 

俺はクソダサい投資家ゼネラルエレクトリック太郎を絶対に許さない!!【救わない】 : バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)

>ゼネラルエレクトリック太郎はバフェット太郎のポートフォリオと自身のポートフォリオが似ていると勘違いしているようだけれど、保有銘柄がたった三銘柄被ってるだけでお前のクソまみれのポートフォリオと一緒にすんな。

 

B太郎氏は保有銘柄がクソ株であると発言したことがある。

 

投資方針がフラフラする投資家に足りないもの : バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)

>バフェット太郎は、コカ・コーラ(KO)やアルトリア・グループ(MO)、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)にIBMエクソン・モービル(XOM)と株価が低迷しているクソ株ばかり保有しているわけですが、「時間」があるからこそこうした銘柄を長期保有でき、さらに買い増しができるのだと思います。

 

 

 

ただし、こうも発言している。

 

優良株を買い持ちするだけの難しさ : バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)

>例えば、EUが崩壊しようとも、南米諸国がデフォルト連鎖に陥ろうとも、中国の不動産バブルがはじけようとも、世界中の人々がコカ・コーラを飲むのをケチるとは考えられないし、洗濯洗剤や食器洗剤、あるいは歯みがき粉の使用量が大きく減るわけではありません。また、携帯電話を使わなくなることもなければ、クスリを飲むのを止めるわけにもいきません。さらにスーパーマーケットで食料品を買わなくなることもありません。

 

【禁物】市場のノイズに耳を傾けるな! : バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)

>マーケットはある日突然暴落するものですが、経済の実態が急激に動くことはありません。例えば金融危機が起きても米国同時多発テロが起きても、大好きなコカ・コーラを飲むのを止めようとか、歯を磨くのを止めようとはしないでしょう。人の生活習慣はこれからも変わらないので、長期投資家は消費者の習慣に溶け込んだブランドを保有する企業に投資することであらゆる危機を乗り越えることができます。

 

こういう発言を踏まえると、FANGなどの流行のグロース株との対極としてB太郎氏が位置付けているのは生活必需品セクタではないかと考えられる。

 

投資方針がフラフラする投資家に足りないもの : バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)
>当時は誰もが上記の四銘柄をクソ株の代表格だと考えていたのです。つまり、個人投資家を含めた世間の予想などというのは所詮その程度だということです。
>そのため、世間が将来を正確に見通すことができないことを知っていることと、時間的な余裕があることがバフェット太郎が冷静に個別銘柄に投資できる要因だと思っています。そしてこれからもバフェット太郎の投資スタイルが変わることはなく、一貫して不人気銘柄を買い増していく所存です。

"クソ株"を保有することについてのB太郎氏の発言。
株価が低迷していても「世界が不景気になっても人間はコーラを飲むのを止めることはない」という強い信念があるため、周りからどんなに「クソ株」と言われようが買い増し・配当再投資し続けていくというわけである。

 

俺はクソダサい投資家ゼネラルエレクトリック太郎を絶対に許さない!!【救わない】 : バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)

>ゼネラル・エレクトリック(GE)はここからさらに暴落するし、グラクソスミスクライン(GSK)もあり得ないくらい暴落するからな。
>恐怖の中で震えて眠れ!!


個人投資家を含めた世間の予想などというのは所詮その程度」と言っているわけで、だとすればB太郎氏の「震えて眠れ!」など無視していいんじゃないかな。世間の予想(=B太郎氏の予想)ではGEは暴落するそうだが、暴落しない可能性もある。

 

 

個人的には分散投資するのに5銘柄は少ないような気がするので、多くの銘柄に投資できる投資信託とかETFを買うのがいいんじゃないかなと思う。

 

 

turning-processing-club.hatenablog.com

 

 

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 投資信託
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株